育乳ブラ デメリット

育乳ブラのメリット・デメリット|本当にバストアップするなら…

育乳ブラ

 

最近人気の育乳ブラ。
所謂補正下着と言われる部類で、つけながらバストの形を整えたり、大きくすることが出来るブラです。

 

そんな育乳ブラにはどんなメリット、デメリットがあるのか気になる方はいませんか?
そこで今回は育乳ブラのメリットやデメリット、オススメのバストアップ方法を紹介します。

 

☆育乳ブラのメリットデメリットって?

 

育乳ブラのメリットとデメリットについてまとめていきますね。

 

【メリット】
@ボディラインを美しく魅せられる
A美しいラインの洋服を着こなせる
Bバストの形をきれいにすることができる

 

ボディラインを美しく魅せられる

育乳ブラは背中や脇などの余分なお肉をバストに集めてつけるので、服を着たときにボディラインが綺麗に見えます。
着用を続ければ、ボディラインを綺麗に整える効果があります。

 

美しいラインの洋服を着こなせる

 

育乳ブラはつけるだけで、体型を整えることが出来るので、身体のラインが出るドレスや、ヒップラインが出るパンツスタイルも綺麗に着こなすことができます。

 

好きな服をうまく着こなせるようになれば、毎日ポジティブに行動ができるようになり、女性として輝くことが出来るようになると思います。

 

バストの形をきれいにすることができる

育乳ブラを使うことで、バストが垂れたり、離れたりするのを防ぐことができます。
また、周りの脂肪を集めることで、バストを大きく見せることが可能になります。

 

【デメリット】
@価格が高い
A元々痩せている人には合わない

 

@価格が高い
普通の下着であれば、安いものならセットで3000円というものもありますよね。
でも育乳ブラの場合ブラジャーだけで8000円、1万円超えてしまうというものもあります。
それを毎日着るとなると何枚かは必要になってくるので、結構な出費になってしまいます。

 

A元々痩せている人には合わない
元々痩せていて、バスト以外に余分なお肉が無いという人には不向きだといえます。
育乳ブラでは余分なお肉をバストに寄せて集めて綺麗に見せるという方法を取っているので、元々痩せている人が着けても効果を実感できないと思います。

 

育乳ブラはそれなりに回りにお肉がついている方に向いているのではないかと思います。

 

 

☆本当にバストアップしたいならコレ!

 

育乳ブラでは服着た状態でバストを大きくみせたり、体型を綺麗に見せることができますが、それも一時しのぎでしかありません。

 

本当にバストアップしたいなら、バストアップサプリを使うことをお勧めします。

 

エンジェルアップの口コミ参考サイト

 

バストアップサプリにもいろいろ種類がありますが、大きく分けて2つあります。
それは、プエラリアミリフィカが配合されているサプリメントと配合されていないサプリです。

 

プエラリアミリフィカ配合のサプリメントは比較的即効性があり、早ければ1ヶ月ほどでバストアップをすることができます。ただ、人によっては副作用が出る場合があるので、飲むのには注意が必要です。

 

もう一つはプエラリアミリフィカが入っていないサプリです。
プエラリアミリフィカが入っていないので、効果が出るのには少々時間がかかりますが、副作用の問題がほぼないのと、比較的安価で購入できるのが魅力的です。

 

 

◎プエラリアミリフィカが入っていないピンキープラスがオススメ!

 

私はプエラリアミリフィカが配合されていないサプリ、ピンキープラスをおすすめします。

 

やはり、副作用のリスクを考えると、プエラリアミリフィカはあまりオススメしないからです。

 

さらにプエラリアミリフィカ配合のサプリと比べると値段が定期購入なら2,980円ととても安価で続けやすいのが魅力的ですね。

 

また、ピンキープラスには女性ホルモン不足や睡眠不足を解消したり、ストレスを解消する成分が入っているため、バストアップだけでなく、イライラ改善、快眠作用にも効果があるのです。

 

そのため、プエラリアのサプリは効果がなかったけど、ピンキープラスを飲んだらバストアップできたという人も大勢います。

 

綺麗な形を保ちたい場合はピンキープラスと育乳ブラを一緒に使うと良いと思います。